会員各位
横浜日野高等学校同窓会 会長 鳥山 直人
 新緑の侯、会員の皆様には御健勝のことお慶び申しあげます。

 日ごろより、「横浜日野高等学校同窓会」の活動にご理解とご協力いただき御礼申し上げます。

同窓会の会員も約13,000名に達し大変規模が大きな組織となっております。これまで同窓会では、基本的に総会を通じて、会員相互の交流を深め、ご意見などを伺う機会として総会の場を重視してまいりました。

総会開催の場所や時間については数年横浜日野高校の会議室において開催し周知をするとともに、総会開催通知を把握できる会員の多くの皆様に15年以上葉書により直接通知を行い、特に当該卒業年次の生徒に対しては、事業概要の説明及び資料配布を行い総会開催日についてPRをしてまいりました。
 会員の動向についても、葉書同様専用のFAX回線を設置し、みなさんの動向やご意見などを把握する場を設けるとともに、平成12年度末からは、学校改革を念頭に効率的な情報発信を行う必要からHPを開設し、同窓会総会のご案内をはじめ、母校の沿革や神奈川県の学校改革等の情報を発信し、あわせて会員の動向の把握を行っています。
しかしながら、みなさまご承知のとおり昨年度横浜日野高校と野庭高校が統合し、新しく神奈川県立南陵高等学校が設置されました。
 この間同窓会では、総会において組織の課題や改革の状況を報告し、HPを活用し神奈川県の県立高校改革等の情報や同窓会に関する情報を発信し、幅広いご意見を伺える機会を増やしてまいりましたが、一方学校改革スタートの平成13年度からは、生徒の定員が半減し、平成14年度末以降日野高校の卒業生はいなくなりました。
 同時に、同窓会組織運営に必要な収入が絶たれたことになりますが、ここ数年来学校の統合をにらんだ効率的な同窓会の情報発信と運営を行う必要があることから、ご覧いただいているホームページを開設し、総会開催通知と卒業生に対する資料配布を行いアドレスの周知を行い、本年で4年目を迎えています。このHPでは会員のみなさまからのご意見やご要望をお寄せいただくことやご住所等の変更などのご連絡を受け付けることができます。とくに昨年度の総会の開催通知において、メールアドレスのご登録をお願いしたところですが、200名に及ばない登録状況となっています。

 また、総会の参加者数は、通知の数が7千程度となっていますが、毎年ばらつきがあるものの30〜40名程度となっており、葉書による周知の効果はほとんどみられない状況です。
 このように、社会状況や学校及び同窓会の状況を踏まえ、平成16年度の通知をもって会員の皆様への直接通知については、現在の体制においては終了とさせていただきます。
 どうか、皆様のご理解をいただきたく、ここにお願い申し上げます。

トップに戻る